読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sonatine505の日記

映画・書籍・日々の出来事etc

今週の映画鑑賞

今週は、平日の4時半起きがなかなかできなかった。 だいたい、5時過ぎ起きになってしまって、準備してたら5時半とはい疎くパターンばかりに…

やっぱり、映画を小分けにして見るのには抵抗があるので、全然見れませんでした。朝見たDVDはイマイチだったな。

①DVD『ドン・ジョン』 後半の終わり方の唐突さがすごい映画。もし、良くなるならここからかも、というところで終わってしまった。豪華な俳優陣を揃えて言いたかったことは、、最後ナレーションで語って終わりではあまりにも、、登場人物の背景がない為、薄っぺらない感じで終わってしまった。正直、なんだこれ?って感じ…もっと、ジュリアン・ムーアとのシーンがあった方が良かった。 ジョセフゴードン脚本監督か。。


映画『ドン・ジョン』3/15 sat.ROADSHOW 30秒スポット

ドン・ジョン [DVD]

ドン・ジョン [DVD]

②映画『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』

19時10分から上映で鑑賞。 予備知識は、マイルスデイビスのCDを数枚持っている程度。彼のディスコグラフィーには疎く、カインドオブブルー、死刑台のエレベーターぐらいしか知らなし、生涯についても知らない。 じゃあ、何故この映画を観に行こうとしたのか。 私は映画で流れるブラックミュージックが好きなのである。(映画中にマイルスは、俺の音楽を陳腐な言葉には置き換えるな、ジャンルの枠にはめるなと言っていたが…)

映画館に乾いた(という表現が正しいか分からないが)トランペットの音が鳴り響き、ドンチードルがマイルスデイビス本人かと思わせる出で立ちで登場するシーン。もうこれだけで見に来て良かった思った。良い音楽、良い音響、映像だけで満足だ。

この映画は、現在と過去を頻繁に行き来する為、正直、登場人物には感情移入が、難しい箇所が多い。しかし、スランプで悩み、昔の恋人(妻)を思い今の自分に辟易するのは誰でも経験があると思う(スケールの大小はあるが…)。でも何処か感情移入できないのは、やはり主人公があのマイルスデイビスだからか…。それとも、凡人とは異なる生活故か…。

映画の中身、ストーリーの良さというより、音楽と映像、雰囲気、を楽しむ映画。ブラックミュージックが好きな人、ジャズが好きな人が酔いしれる映画。

週末の冬の寒空の下、『カインド・オブ・ブルー』の「so what」を聞きながら、帰宅した。


映画『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』 予告

「マイルス・アヘッド」オリジナル・サウンドトラック

「マイルス・アヘッド」オリジナル・サウンドトラック